新しいギターが生まれるよ
プレイヤーひとりひとりに合わせ、こだわり抜いた最高級の楽器を作り続けている、KANJI WOOD CARVING & MUSICAL INSTRUMENTS。
その川畑完之さんが今、なんと僕のためにギターを作ってくださっています!

f0181924_23553776.jpg

f0181924_23554873.jpg


カンジさん曰く、僕のプレイスタイルにはもっと反応が速くて、音が圧縮されない楽器が良いのだそうです。

良い楽器とは何か、カンジさんのお話はむちゃくちゃ面白くて勉強になりました。
僕はより良いプレイをしようとは思うけど、楽器そのものに関しては素人なんだなあ。

f0181924_2357253.jpg
すべてが手作業なのだそうです。
すごい。。
f0181924_23572688.jpg

このギターのイメージは、

『音は、ビンテージのパーツも使っていぶし銀な音色も狙いつつ
 それでいて楽器としての反応は完璧というところを狙います。

 まだ体力はあるけれど無駄な力は使わずに人を動かせる、
 若い古武術の達人のようなイメージです。』

という感じだそうです。

すでにやばくないですか!?
いぶし銀な僕にぴったりじゃないですか!!??


f0181924_23581772.jpg
ネックとフィンガーボード。

f0181924_2359619.jpg
接着剤は使わず、ニカワで接着するのだそうです。


f0181924_23593921.jpg

f0181924_23594677.jpg


せっかく僕のために作ってくれるギターなので、良いモデル名が欲しいと思い、『Groovecaster』という名前を考えました。

楽器の完成、そしてライブに来てくれる方にこの音を聴いてもらえるのが、今から本当に楽しみです。
by mori_hirotaka | 2016-04-27 00:10 | 音楽 | Comments(0)
<< ”キャリーバッグ=病院” 5/6横浜・6/3渋谷・6/1... >>