”Groovecaster” 完成!!
KANJI WOOD CARVING & MUSICAL INSTRUMENTSによる新しいギター、”Groovecaster”が、完成しました!!
f0181924_41219.jpg
ついにぃぃーー!!おめでとうーーー!!ありがとうーーー!!

もうルックスからステキすぎます。


先日やった最終リハの日に初のご対面となったので、いきなりバンドと音を合わせながら弾くことになりました。

このギター、すごいです。
思ったこと、やったことがそのまんま音になります。

以前、”良い楽器とは何か”という話していた時のカンジさんのこんな言葉を思い出します。

「森さんの前にあるガラスを、できるだけ透明に磨きたいんです。」

Groovecasterを弾いてみて、カンジさんが言っていたことの意味がわかりました。
僕が出したいリズムの点が恐ろしいくらいクリアに見えます。

大きく弾けば大きな音がするし、小さく弾けば本当に小さな音で鳴る。
鋭く弾けば鋭い音がして、優しく弾けば優しい音がする。

楽器として当たり前のことのようだけど、その表現力の幅がケタ違いなのです。

雷様の、あの凄い音がする太鼓を貸してもらったような気分。
ひとつひとつの音が、生きています。

そしてプレイヤーに、そのぶん高い要求をしてきます。
楽器自体はものすごく弾きやすいのですが、僕がテキトーに弾けばテキトーな音が出るし、ヘンなタイミングで音を出しちゃうと、やっぱりヘンなタイミングに聴こえます。

最高です。

さすが”古武術の達人”ギター。
油断すると僕のほうがやられます。

そういえば僕は、格闘ゲーム好きでしたが、”誰が使ってもそこそこ強い”みたいなキャラはあまり選びませんでした。それって上手くなり甲斐がないし、僕が使わなくてもいいじゃん、って思う。勝っても、キャラの力で勝った感じがして嬉しくないので、もっと戦い方の自由度が高いキャラを使って、工夫して勝つのが好きでした。

ゲームに例えちゃってすみません(笑)個人的に、こういう振り切ったモノが好みなんだという話でした。
これはカンジさんが、僕の音楽に必要な特性や、僕のパーソナリティをよく理解して作ってくださったということなのだと思います。

つまりGroovecasterは、楽器としてのグレードは世界最高級で、なおかつ相性も僕にぴったりなのです。
あとは僕が、自分を磨くだけですなっ

カンジさん、ありがとうーーー!!

f0181924_4123623.jpg
最終リハもめちゃめちゃイイ感じでした!!
Chorus:Kiyoくん、Drums:佐野康夫さん、Bass:種子田健さん

6月3日(金)渋谷O-NESTは、最高のメンバーとともに、最高のギターで臨みます。
詳細はこちらで~

森広隆オフィシャルウェブサイト

グルーーヴしよぉぜーーーー!!
by mori_hirotaka | 2016-06-02 04:55 | 音楽 | Comments(1)
Commented by えりな at 2016-06-02 22:44 x
こんばんは!
7/17の奈良のライブに行きます!
森さんの素敵な歌声と、完成したギターのハーモニー楽しみにしています^ ^!!
体調にお気をつけてリハーサルやライブがんばってください〜!
<< A Day in Dystop... 新しいギターが生まれるよ 2 >>