<   2017年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
mellow tones Vol.28
f0181924_18231363.jpg
f0181924_18230955.jpg
f0181924_18230751.jpg
f0181924_18232145.jpg
f0181924_18231539.jpg
f0181924_18231868.jpg
来てくれた方と一緒に音楽を楽しめる。そんな時間が本当にありがたいと、改めて感じたライブでした。
今回も何も決めずに臨んだこともあって、すべてがアドリブというかハプニングというか、"僕の部屋"感満載な二日間。楽しかった!

ナスにゃんも喜んでくれたと思います。

ありがとうございました!

次のライブは8/4(金)、高田馬場 四谷天窓.comfortでスリーマン、その後もライブ多めです!
ぜひ遊びに来てくださいね~

詳しくは森広隆オフィシャルウェブサイトで。


グルーヴしようぜ☆



by mori_hirotaka | 2017-07-24 18:37 | 音楽と猫 | Comments(0)
メッセージありがとうございます
ナスカのことで、あたたかい言葉をかけてくれた方、一緒に悲しんでくれた方、本当にありがとうございます。

あたたかすぎて、また泣いちゃったよ。

多くの、近い経験をされた方が、それぞれの悲しみを背負い、また、乗り越えて、今を過ごしているのだと知り、自分の悲しみに対しても、もう少しだけまっすぐ向き合え、改めて、僕も前を向いて行こうと思うことができました。

関わってくれているすべての方と、何か、もっと深いところで繋がることができたように感じています。

伝えてくれてありがとう。


by mori_hirotaka | 2017-07-19 15:50 | | Comments(1)
ナスカ、僕のところに来てくれて、ありがとう。
このブログを読んでくださっている方に、悲しいお知らせをすることを、お許しください。

7月2日の夜、愛猫ナスカが永い眠りにつきました。

腎不全でした。

最期は、僕の枕のすぐ近くに来て、ほぼ眠るように横になっていました。ずっと撫でながら、「ナスにゃん、いい子だね。愛してるよ。」と声をかけながら看取ることができました。


夢のように可愛く、そして、とても愛情の深い子でした。

大人になっても遊ぶことが大好きで、夜は僕の枕の横で一緒に寝て、日中は何か作業をしていればピョンとひざに乗ってきてくれました。朝は僕の周りを行ったり来たりスリスリしながら喉をゴロゴロ鳴らして、おはようの挨拶をしてくれました。ザラザラの舌で僕の眉毛をつくろってくれるのが、痛いけど嬉しくて、されるがままになっていました。

人が大好きで、うちに誰かが来ると、初めての人でもいつも嬉しそうに大歓迎する子でした。

言葉はなくても、すべてを「ニャーン」という声のニュアンスや、表情、しっぽの動き、全身で伝え、僕の心を読んで行動するので、小さくてモフモフした人と一緒に暮らしているようでした。

音楽も好きで、僕がギターを弾いたり歌ったりすると、聴こえやすいところに座って、時々、耳やしっぽを動かしたりしながら、気持ちよさそうに目をつむって聴いてくれていました。

ある日、ボンジョビのヘタクソなモノマネをして歌っていると、足をガブっと噛まれたこともありました(笑)似ていなかったからなのか、聴き苦しかったのか、あるいはその両方かもしれません。どちらにしろ、ちゃんと音楽として聴いていてくれたんだなと思います。


腎不全と診断された時、最初は意味がわかりませんでした。

体重が減ってゆくナスカを抱いて、どうしてこんなに可愛いのにこんな目にあわなくてはならないのか、と理にかなわぬことを思ってひとりで大泣きしました。

小さな後悔ばかりがよぎる日々でした。これまでどんなに精一杯、愛情を注いだつもりでも、もっとああすればよかったのかもしれない、こうすればよかったのかもしれない、という考えが頭の中を埋め尽くしてしまうのです。

最初は病院の先生に出来る限りのことをしていただきました。先生もスタッフもとても良い方々で、ナスカのことを大事に思ってくれているのが伝わってきました。ベストを尽くしてくれました。
しかし、病状は一進一退を繰り返しながら、次第に悪くなってゆきました。

ナスカのためならどんなことも厭わない。当たり前にそう思って出来ることをしていたけれど、ナスカが本当に何を望むのか、もっと深く考える必要があると思いました。

本当は目の前の大きな悲しみから逃れるために、自分を責めることでごまかしているのではないかと気づきました。後悔などしている場合ではない。どれだけ愛情を注いだとしても、手を尽くしたとしても、どうしようもないことがあるのだと、お別れを受け入れなくてはならないのだということを、少しずつ理解し始めました。

自然の摂理に逆らおうとしていた僕よりも先に、ナスカは気高く、全てを受け入れているようでした。ナスカの苦しみを僕の愛着で引き伸ばしてしまわないように、なるべくストレスにならない範囲で治療をしてもらい、先生と相談しながら、できるだけナスカが楽に過ごせる形を考えながら、精一杯の愛情を注ぎながら、残りの日々を大切に過ごしました。


僕にもいつか死が訪れる。その事実がむしろ安らかな救いになるような、そんな深い悲しみが、この世にはあるのだと知りました。

幸せな、あまりにも幸せな9年間でした。


ナスカに出逢う前は、猫なんて気ままな、可愛いだけの動物だと思っていたけれど、小さな生き物が、どれほど深い愛情を持ち得るのか、僕に教えてくれました。

このブログを通して、ナスカのことを好きになってくれた方、ありがとうございます。ナスカはとてもよく人の心を読むにゃんこだったので、想ってくれた気持ちは、きっとナスカに届いていると思います。

そして、僕の親バカにつきあってくれて、ありがとう。
ナスカはずっと僕の大切な家族なので、これからも親バカは変わりません。

僕は、甘えてきてくれたり、無防備に眠るナスカの姿を見て、いつも幸せを感じていました。
”幸せ”というものをそのまま生き物の姿にしたような、僕にとって、ナスカはそんな存在でした。

つまらないことでいちいち苦しんだりしながら生きていた僕に、ほんとうは、いま、この瞬間瞬間が、すべて幸せなんだということを、ナスカは9年間ずっと、僕に見せ続けてくれたのかもしれません。

悲しみに押しつぶされて僕がいつまでも止まっていることを、ナスカは望まないと思うので、できるだけ日々を大切に、前を向いて生きようと思います。


ナスカ、本当に、本当に大好きだった。

どうか天国で安らかに過ごしてくれていますように。

僕もしっかり生きて、それから死を迎えたなら、その時はナスカに会えるといいな。


ナスカ、僕のところに来てくれて、ありがとう。


by mori_hirotaka | 2017-07-16 23:29 | | Comments(8)
目標のことについて、メッセージありがとうございます
3年前の目標を達成できなかったことについて、読んでくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。

それぞれの思い方での、温かい言葉、本当に嬉しいです。
その言葉、気持ちを励みにして、これからも音楽を楽しんで行きます!


by mori_hirotaka | 2017-07-13 16:58 | 音楽 | Comments(0)
柏04 オープン1周年祭!
f0181924_22405280.jpg
f0181924_22405857.jpg
f0181924_22410271.jpg
f0181924_22410759.jpg
f0181924_22411725.jpg

お店の一周年ということで、僕自身もここから新たなスタートという気持ちで望みました。
楽しかったー!

来てくれた方、ありがとうございました!


次のライブは7/22(土)・7/23(日) 新百合ヶ丘 MUSEで『mellow tones Vol.28』
おかげさまでソールドアウトです。ありがとうございます。

まだまだライブやるので、ぜひ遊びに来てくださいね~!

8/4(金) 高田馬場 四谷天窓.comfort
『.comfort presents ~three-count~』
8/12(土) 文京区湯島 Sports Bar & Dining Bravo
『ブラボーな調べとともに♫ vol.12』(SOLD OUT)
9/23(土) 岐阜県中津川公園内特設ステージ
『中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017』
(森広隆はVillage Of illusionに出演)
9/29(金) 柏 PALOOZA
『 PALOOZA presents UEBO meets 森広隆 2MAN Circuit !』


グルーヴしようぜ☆

by mori_hirotaka | 2017-07-10 22:45 | 音楽 | Comments(0)
3年前に立てた目標について
3年前に立てた目標について、お話しようと思います。

2017年の春が終ったので、時間切れになりました。
「日比谷野外音楽堂でワンマンライブをして、3000人のお客さんで会場をいっぱいにする」という目標へのチャレンジを、ここで終了することにします。

目標のことを応援してくださった方、期待してくださった方に、心から感謝しています。ありがとうございます。そして、達成することができず、期待を裏切ってしまって申し訳ありません。

達成できなかった理由は、完全に僕の力不足だと思っています。

音楽を仕事にする上で、初めて掲げた目標でした。そしてこれほどハッキリした挫折は、人生の中で初めてです。
今は、その事実をただそのまま受け止めます。

目標を達成するには、もっと圧倒的な力と、時間が必要だったのかもしれません。

リリースした作品やこれまでのライブはひとつひとつ大切に向き合ってきたので後悔はありません。ひとつのライブを終える度、ひとつの作品を作り上げる度に得た気づきは、僕にとって、すごく価値のあるものでした。

もしこの盛大なチャレンジと失敗がなければ、僕は死ぬまで、「ワシが本気出せばもっと売れたはずなのに」という気持ちを、自分でみっともないとわかっているせいで誰にも言わず、ひっそりと持ち続けていたかもしれない。

この3年間、思いっきりぶつかって、思いっきり砕け散ったので、僕の中にはもう悔いはありません。

結果は惨敗でしたが、目標に向き合う過程で、音楽の力を信じる気持ちは、以前よりずっと強くなりました。どんなにうまくいかなくても、もう「音楽を仕事にすることは人気取りゲーム」とは考えません。実際にそう思わせられるような場面に出会ったとしても、やっぱり自分のやるべきことは音楽への精進しかないし、良い音楽をやるためには、ただただ人間を磨くしかないのです。
大嫌いだった音楽業界も、向き合ってみれば、血の通った、感情を持った、間違うこともある、ひとりひとりの人の集まりでしかないと理解できるようになりました。
それから、僕はもう自分をダメ人間だとは思わなくなりました。もちろんまだまだ足りないところはたくさんあるのですが、生まれ持った部分は何も否定しなくていいし、本当に変わりたいと思った時、人は変われるんだとわかりました。

とても得るものの多かった3年間でした。
これでよかったと心から思います。

目標を持つきっかけをくれたアンジー、そして見守ってくださった方、ありがとうございます!
音楽を通して、この目標を通してたくさんの方に出会えて本当によかった。

これから、ますます広がってゆく音楽の宇宙を、楽しみながら進んで行こうと思います。
そして、僕の音楽を聴いてくれるすべての方と、一瞬一瞬を大切に感じながら、グルーヴできたら幸せです。

2017年7月
森広隆

by mori_hirotaka | 2017-07-04 21:05 | 音楽 | Comments(7)