ちょっとマニアックな話
けっこう前の話ですが、その頃のバンドワンマンに向けてカンジさんとエフェクター周りの構成を再検討しました。

f0181924_19261723.jpg
f0181924_19261923.jpg

ギターとアンプの両方がカンジさん製作のものに替わって楽器自体の表現性が格段に上がったので、それを最大限に引き出すためにチューナーとコーラス/フランジャーを外して、Groovecaster → ファズ → ワウ → アンプというシンプルな構成に変更。
ワウペダルは様々なものを吟味して、選んだワウとファズに少し手を加えていただきました。

f0181924_19261930.jpg
f0181924_19262077.jpg

といっても何か機能を付け足すわけではなく、カンジさんのギター作りのコンセプト「演奏者の前にあるガラスをより透明に磨く」に沿って、よりシンプルに、音がよりナチュラルにそのまま届くように通り道をクリアーにしてもらったのです。

f0181924_19262102.jpg

今年1月の渋谷O-WEST以降、バンドのときはファズとワウのみというシンプルな構成で演奏しています。Groovecasterとカンジさんのアンプの表現性が素晴らしいので、とにかく弾いてて楽しい!

しかしこの後、問題が発生しました。
この頃から、ルーパーも楽しくなってきたのです!。。。

f0181924_19263626.jpg
f0181924_19263701.jpg
その頃の部屋のようす。
尊い。

ルーパーはデジタル機材なので、このセットとはコンセプトが真逆なんですよね。アレンジの可能性は広がるのですが、これをそのまま通しちゃうとカンジさんが作ってくれた楽器の表現性がちょっと犠牲になります。今使ってるメーカーのルーパーは音質変化もレイテンシーも少ないほうで、知っているルーパーの中ではとても優秀だと思うのですが、Groovecasterとアンプの間にはバッファー(信号を安定化する機能、多くの機材に組み込まれている)を排除しているので、優秀かどうかではく、アナログ/デジタル変換+バッファーを使うというだけで、影響が大きいのです。

どのデジタル機材にも言えるのですが、強弱や音色変化を安定化してしまうところがあるので、良く言えば上手に聴こえるし、悪く言えば平面的になる気がします(あくまで僕個人の感覚です)。表現のふり幅はなるべく広くして、安定性やクールさを求めるときは、機材ではなく自分の演奏に求めるほうが、僕は楽しいと思っています。

対策として、思いついた接続順を紙に書いてみました。アンプにマイクを立ててその信号をルーパーに戻すとか、ビートボックス/コーラス用のマイクプリアンプを別に用意してステレオアウトをパラアウトとして使い、ギター側のチャンネルのループボックス内にルーパーを入れるとか、その他全6パターン。そしてそのうちいくつかを実際に試してみて、たどり着いた答えとしては、ファズ → ワウの後にA/Bボックスを入れて、そこからアンプに送るというもの。

本番中の操作は手順が増えてしまうのだけれど、肝心のアンプに送るシグナルはバッファーもアナログ/デジタル変換機も通らないので、カンジさんが作り上げた楽器の表現性を損なわないで済みます。ルーパー側で使うエフェクターを今後増やしても、アンプに送る音には影響しない。なかなか良い接続順なんじゃないでしょうか。

そしてそのA/Bボックスもカンジさんに製作していただきました。

方針が決まったので、ワシ史上最大のエフェクターボードを購入。


f0181924_19264031.jpg
うーん、でかい。

f0181924_19270032.jpg
ボードに固定する用のウレタンを作成。

だいぶ大きなセットになってしまったのだけど、ヒューマンビートボックスとエフェクターを使ってひとりでオケを作ることができるので、使ってて楽しい!

f0181924_19270194.jpg
これをふんだんに使ったライブをやりたくなったので「グルグルグルーヴLab.」が始まったのです。

f0181924_19270298.jpg

で、ここのパッチケーブルの長さがちょっと余っていて、調整したいんだけど、カンジさんは海外に居ることの方が多いので、自分でやってみようかなと思い、温度調整機能つきのハンダごてというのを買ってみました。

f0181924_19270499.jpg
ってゆうかこれ、ステンドグラス用って書いてあるし。

コテ先を電子工作用のものに変えたいのだけど、どれが合うのやらわからず、製造元のハッコーさんに問い合わせてみたところ、とても親切に教えてくれたので、無事にコテ先を変えることができました。


f0181924_19271685.jpg
f0181924_19271739.jpg
んで、パッチケーブルの長さを調節とプラグ変更。

f0181924_19271578.jpg
ついでに、ギタボの悩みの種、”電気ビリビリ”防止のアース線も制作。


f0181924_19271927.png
無事に収まりました。
写真は顔認証されるファズフェイスさん。

今年はこんなふうにカンジさんの多大なるお力添えのもと、グルーヴとサウンドを追求してました。

そしてこのハンダごてでやりたいことが他にもあるのだよグフフ!
だいぶマニアックな方向に行ってますが、需要あるかどうかは置いといてまた進展あったら書きますね~。


by mori_hirotaka | 2017-12-30 20:43 | 音楽と猫 | Comments(1)
Commented by 新屋純 at 2018-01-10 19:13 x
ファズフェイスの電池、ダイソーのですね。
顔認証されるし笑
エフェクターのことは詳しくないのですが
ぼくもルーパーに興味があります。
ブリティッシュポップも大好きなんですよね。
コーラスまでループさせてハモって演奏してたのにはさすがに凄かったです。
ドラムスも自分でできるし。
<< 『グルーヴしようぜ☆』@渋谷T... 『 PALOOZA prese... >>